農業コラム

  • その他
  • 2020年07月23日

見たことある?! 直売所の販売什器【作業改善 販売什器編】

 
イレクターで自由設計

こんにちは。もうすぐ夏本番ですね。
新型コロナウイルスの影響で例年とは違う夏の過ごし方を考えなくてはならないのでしょうか。いつもの夏が恋しいです。
 
皆様、農業コラムをお読みいただきありがとうございます。

作業改善の1つとして、今回は「販売什器」を取り上げたいと思います。
 
弊社が農業関係に本格参入して30年となります。
本日は、今日までに導入させて頂いた販売什器のほんの一部ですがご紹介していく企画です。

生産者の皆様方におかれましては、収穫した作物は必ず販売をされていると思います。例えば、JAに出荷、市場に出荷、小売店への販売、最近ではインターネットで直接消費者へ販売されておられる方々もいらっしゃるかと思います。

本日は ”無人販売を含めた直接販売で使用できる什器” を紹介して行きます。

もちろん、イレクターを使って製作した実例です。
 

直売所の販売什器

写真のような什器を使っている直売所は全国どこでも見ることがあるかと思います。
この木製の什器は、サイズが大きいし、木製だから重いですよね。

こんな什器はいかがでしょうか。
とある直売所向けに製作・販売した什器です。

下図の形状で1台となっています。
2台を背中合わせにした形状で1台の什器として製作することも可能ですが、掃除の際の移動やレイアウト変更の自由度を考えてこの形状になりました。キャスターが付いているため移動は簡単です。
多くの直売所では品物の補充や値付けは持ち込んでいる生産者が行います。この什器ですとコンテナを複数個用意しておけば、コンテナごとの交換・補充ができます。
什器そのものはイレクターのみで製作しています。コンテナを外せばフレームの拭き掃除もできますし、コンテナを入れ替えるのでいつも清潔に保つことができます。また、コンテナを斜めにセットしますのでお客様から品物が見やすいです。

什器本体フレーム

下図のように設計していきます。「レタス梱包・出荷作業の改善」の時と同じで品物を取りやすい高さ・コンテナの寸法と並べる個数・移動しやすい大きさを考慮して設計します。
売り場面積から什器の大きさに制限が発生しても寸法は任意で製作しますので、デッドスペースが発生しない不自然な隙間ができない売り場にしていきます。

イレクターですから自由な大きさで製作可能です。”世界に一つだけの什器” が作れます。

自作も可能ですし、ご相談頂ければ設計から見積・製作・搬入まで行わせて頂きます。

 

その他 販売什器実例

フラワーコンテナ用什器

フラワーコンテナの大きさと数量に合わせた什器です。
下段に空コンテナを置くことができます。

鉢物用什器

こちらは鉢物の什器です。
外売り場で販売する機会の多い商品の陳列用什器には移動のためのキャスターは必需品です。閉店時には店内への収納作業が発生することは容易に想像できます。

切花用什器

切花用什器2種類です。切花は水を入れたバケツや写真のような容器に入っていることが多いです。袖口を引っ掛けて容器が倒れないようにガイドを付けてあります。水がこぼれたり花が痛むことを防いでいます。

今回ご紹介した販売什器には、全て移動用キャスターが付いています。載せる品物の大きさや重量によってキャスターのサイズを選べます。また、床面がどのような状態であるかによってキャスターの材質(ゴム・ウレタン・ナイロン等)を変えることもできます。

 
皆様、いかがでしたでしょうか。多少なりとも参考にして頂ければ幸いです。
ここに掲載した商品はほんの少しの事例です。既製品では不便を感じられる方はどうぞご相談ください。よろしくお願いします。

「作業改善 販売什器編」はここまでです。
また、違う事例をご紹介したいと思います。
それでは次回までどうぞお元気でお過ごしください。