用語集

栽培管理(さいばいかんり)

栽培中の作業(播種、定植、誘引、潅水、施肥、農薬散布など)、および栽培環境(気温・湿度・光量・CO2濃度など)について、日付・期間・量・回数・(農薬や肥料の場合、その種類)などの記録をとり、管理する事。
生産過程の履歴が残る事で、3つの利点がある。
①次回の作業(または作付け)に反省点を活かせる。よりよい栽培法や作業効率、高収量を計画する時の基礎になる。
②生産物がどのように作られたかの証明になり、安全性や品質のアピールになる
③作業者全体、地域生産者全体などでの情報共有に役立つ

一覧へ戻る