用語集

摘果(てっか)

1株に、あるいは1ヵ所に成らせる果実の数には限度があるので、多い場合は果実が幼く小さい間に摘み捨てて、残した適当数の果実の発育を図る。この作業を摘果という。