「探す・移動」作業のムダがなくなり、空き時間を有効活用

  • 導入製品 ベンチ / 台車
  • 解決課題 運搬省力化
  • 運搬省力化
  • その他
  • 出荷

お客様情報

  • お客様 : 名田植物園
  • 地域 : 九州地方

導入先の環境

  • 生産品目 : 観葉植物、多肉植物、塊根系植物、麦
  • 栽培環境 : 低温二重鉢ビニールハウス(最低温度:5度程度)
  • 耕地面積 : 2000㎡

備考

出荷台車、ベンチまたぎ台車

導入背景(Before)

各植物の出荷が重なるとき(猛繁季)があり、雇用での増員も難しい中、少ない要員で出荷時間の短縮を狙いたいとご相談をいただきました。

導入効果(After)

取っ手の色を変えたことで、キャスターの自在・固定の位置が明確になり台車の操作性が良くなりました。
出荷段ボールサイズに合った台車を作成したことで、載せ替えの作業がなくなりました。
細かい「探す・移動」作業のムダがなくなることで、空いた時間は管理作業に使えるため、製品の品質向上につながります。

ヤザキ担当者の提案

当初レールシステムを検討されていましたが、実際に作業を行うパートさんの意見を取り入れ、台車式に変更しました。
イレクターパイプの強度に不安を持たれていましたが、多様な部材を利用し補強方法を提示することで理解いただきました。
名田様は環境の改善意識が高く、いろいろ気付かされることが多いです。
導入後、劇的に変わったと使用効果を高く評価くださり、たいへん感激していただけました。
今後ともイレクターをよろしくお願いいたします。

お客様の声

● 導入後の感想

多彩な運搬機のおかげで現場仕上げ(出荷作業や生産準備等)が楽になり、たいへん助かっています。
1年間に2回の追加注文をさせていただき、全体の作業がすごくスムーズになりました。

選定のポイント

要望した以上に親身に相談に乗っていただき、提案後の作業が楽になったことです。
身の丈に合った提案がとても嬉しかったです。

● 今後のビジョン

作業形態の変化が起きた時には、変更後の作業体系に合ったハンドメイドの器具を計画準備いただき、今後も良きアドバイザーとして付き合っていただきたいと思います。

この事例を印刷する※推奨ブラウザ:chrome

お問い合わせご相談やお見積もりなどお気軽にご相談ください